instagramGoogle+FacebookツイッターRSS feed
バナー
Wed, 24 May 2017

英語試験 PTE Academicについて

進学を目的とされている方は、一般的にIELTSやTOEFLの結果を英語力証明として各教育機関に提出されているかと思いますが、近年イギリスの教育機関ではPTE Academicが注目されております。

先日の学生ビザ規定の変更に伴い、PTE Academicが英語力証明の試験として認可されたことは記憶に新しいかと思います。ロンドンに本部を置くメディア企業「ピアソン」が行う試験で、その教育部門となる「ピアソン・エデュケーション」では、60カ国において教材や学習ツール、試験などのサービスを提供しています。

PTE Academicの内容ですが、すべてがコンピューターでの試験となります。実践的なコミュニケーション能力を測るタスク・ベースの問題となり、IELTSやTOEFLと大きく異なる点としてスピーキング、ライティング、リーディング、リスニングの4スキル以外に6つの運用能力(発話の流暢さや発音、スペルなどを含む)を測定することができます。これにより、得意・不得意分野をより明確に把握することが可能です。ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)にも対応していますので、PTE Academicはまさに世界基準の英語試験となります。

留学生にとってうれしいのは、その高い利便性にあります。他試験と比較して例に挙げますと、申込期限がIELTSは5週間前まで、TOEFLは1週間前までには予約が必須となるのに比べ、PTE では試験日前日まで予約が受付けられます。また、試験後、結果が届くまでに、他の2試験は2週間程要すのに比べ、PTE Academicは1週間程で受領することができるなど、ここでも高い利便性を発揮しています。

入学条件として設けられるスコアを達成する為に、2カ月連続で試験を申し込まれる方も多くいらっしゃるかと思いますが、PTEの場合、試験結果を確認してから次の試験の手配をしても遅くはありません。出願先や英国国境庁(UKBA)へ無料でスコアを送付するサービスも充実しています。送付にかかる時間は2日間となりますので、各機関の出願手続や申請手続きをスムーズに進めて頂くことが可能になります。

今後英語試験対策を始められる方は、PTE Academic試験にチャレンジされてみるのも良いかもしれません。その際は、同試験を英語力証明試験として認可しているかどうか、念のため出願先の教育機関へ確認することをお忘れなく。

英語試験に関すること、留学に関すること、お気軽にご相談ください。
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください



アフィニティ
著者プロフィール
中畑 寿子
アフィニティ・エデュケーショナル 
留学・キャリアコンサルタント

ロンドンの語学スクール、カレッジ、大学留学で合計約5年間を過ごし、現在、この経験をもとに、イギリス留学、語学研修、帰国後の転職に関するセミナー、相談、サポートを行っています。

お問い合わせ
アフィニティ・エデュケーショナル
イギリス国内の教育機関のコースや各種プログラムから、1人ひとりにあった留学をコーディネイト。留学のための英語試験対策(IELTS試験等)から入学や渡航手配、日本や欧州での転職まで、トータルな支援を行っています。

TEL: 03 5474 6231(東京)
FAX: 03 5474 6236(東京)
東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル3F
E-mail : このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
Website: http://affinity-uk.jp
 
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

キャリアコネクションズ バナー バナー 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス