instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 18 July 2019

ビクトリア・ベッカムがタトゥーの除去をし始めた

現在は主にファッション・デザイナーとして活動するビクトリア・ベッカム(41)が、最近になって自身の身体に入れたタトゥーを除去し始めたという。「デーリー・メール」紙が報じた。

 ビクトリアの背中には、かつて「私は最愛の人のためのもの。最愛の人は私のもの」とのメッセージをヘブライ語で記したタトゥーが入っていた。しかし、最近になって彼女はレーザー除去手術を受けたとされ、このタトゥーは今ではかなり薄くなっている。

 また以前は手首にあった、夫であるデービッド・ベッカムとの結婚の誓いを再度交わした日付、さらには米国に移住した際に「再びスタートから」と記したラテン語の文字も除去。「サン」紙は、ファッション業界において然るべき形で認められたいとの思いから、タトゥーの除去を決意したと伝えている。

 ちなみにデービッド・ベッカムは、身体に40個前後のタトゥーを入れていると伝えられている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ