instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 12 November 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ダニエル・クレイグが007を引退

 人気スパイ映画「007」シリーズで主役のジェームズ・ボンドを演じる英俳優ダニエル・クレイグ(47)が、同シリーズを降板することが分かった。米国のテレビ・ドラマへの出演を優先するためだという。「サン」紙が報じた。

 「サン」紙によると、クレイグは昨年公開の「007 スペクター」の後、007シリーズに再度出演するくらいなら「手首を切った方がまし」だと発言。次作以降は誰に主演を務めてほしいかとの質問に対しては「別に誰でもいい。頑張ってほしい」と答えたという。

 ジェームズ・ボンド役の次期候補には、ダミアン・ルイス(45)、トム・ハーディ(38)、ヘンリー・カビル(32)、マイケル・ファスベンダー(38)、イドリス・エルバ(43)などが候補に挙がっている。

daniel craig-156495746
シリーズを降板することになったと報じられているダニエル・クレイグ
Photo by Brendon Thorne/Getty Images

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ