ロンドンのゲストハウス
Tue, 20 February 2018

地下鉄エスカレーターの両側立ち、「英国的じゃない」ので取りやめに?

ラッシュ時の混雑を緩和するため、ロンドンの地下鉄ホルボーン駅で試験的に行われていた、「エスカレーターの両側に立つ」スキームは、通勤客に不評なうえ一定の結果が出なかったこともあり、取りやめになった。ほかの駅での試験も行われないという。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 ロンドンの地下鉄のエスカレーターは、急いでいる人のために左側を空けておき、立つ人は右側に寄るのが長年の伝統。だが、ラッシュ時に左側が空いているのは効率が悪いと考えたTfL(ロンドン交通局)は、6カ月間の期間限定で、ホルボーン駅のエスカレーターの一部を混雑時に限り、右側に寄らず両側に立って良いことにした。その結果、通常であれば1分間に平均115人が乗るエスカレーターに151人が乗ることができ、混雑緩和に効果が出たという。

 しかし、長いエスカレーターでは有効な手段であっても、短いエスカレーターではより左側歩行者が多いなど、乗客の動きが場所によって異なるうえ、乗客からは「英国的でない」「マナー違反だ。ほかの駅でも両側に立つ乗客が出てきたらどうする?」など不評を買い、実現化は見送られるとのこと。

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

1500号記念・読者プレゼント!編集者募集
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア