バナー
Wed, 18 October 2017

エリザベス女王の健康の秘訣? 午前中からカクテルを1杯

エリザベス女王は毎日どんなに忙しくてもカクテルやワインを嗜む時間を作り、午前中からカクテルを楽しんでいるそう。「イブニング・スタンダード」紙や「メトロ」紙が報じた。

 91歳で今なお元気に公務を続けるエリザベス女王は、飲酒に関してきちんと決まったルーティンがあるという。ビジネス専門サイト「ビジネス・インサイダー」は、女王のいとこであるマーガレット・ローズさんの話として、女王が1日に摂取するアルコールについて説明している。

 それによると、まず昼食の前にデュボネ(ワインがベースのアペリティフ用酒)をドライ・ジンで割ったカクテルを1杯。そして昼食時には軽いランチとともに質の良いワインをグラス1杯。ディナー前にはドライ・マティーニをいただき、就寝前にはボランジェ社やランソン社などのシャンペンを1杯飲んで1日の終わりとするそう。

 まんべんなく色々なアルコールを摂取している女王だが、ビールは苦手のよう。以前、アイルランドのダブリンでビール工場を視察した際、勧められたギネス・ビールを丁重に辞退したことがあるとのこと。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

日本タウン誌・フリーペーパー大賞 英国ニュースダイジェストへの投票をお願いいたします! 企画営業・ライター・翻訳者募集中
バナー キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア