instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Thu, 18 July 2019
[PR]

2019年版
快適な生活を送るための英国・新生活ガイド

暖かな陽気に包まれる春は、日本と同様に英国でも「始まり」の季節。新天地での生活に、多くの人が期待と不安の入り混じった気持ちを抱えているのではないでしょうか。人生の新たなステージを万全の体制で迎えるために、生活の基盤である住居の確保や、思わぬ病気や怪我の際も慌てず対応できるよう基本的なポイントは抑えておきたいところ。ここでは日本と英国の環境の違いや、英国での暮らしをバックアップしてくれる強い味方をご紹介します。

英国で運転する際の注意
日本と微妙に異なるシステム

道路標識について

英国に来てすぐに目にするであろう道路標識の数々。くっきり浮かび上がる文字のデザインは、英国在住者にとってはダブルデッカー・バスやブラック・キャブと同じくらい、毎日の生活の中で見慣れた、なじみの深い存在です。現在、英国全土で統一されているこの道路標識は、1960年代にグラフィック・デザイナーのマーガレット・カルバートによって制作されました。ここでは、カルバートがデザインした道路標識を見ながら、英国で運転する際の注意事項を見ていきましょう。 

ラウンドアバウト
Roundabout

ラウンドアバウト 
Roundabout英国でよく見かけるラウンドアバウト(環状交差点)。信号の代わりに使われる合理的なシステムで、大小の交差点にあります。初めてのときは難しく感じるかもしれませんが、一旦マスターしてしまえば、信号待ちをするよりスムーズに進むことが分かるでしょう。英国のラウンドアバウトはほかの欧州の国々とは異なり、時計回りに走ります。右側から来る車の波にタイミングよく入りますが、中に入っている車が優先なので無理はしないように。出るときは自分が進みたい道の手前で左のウィンカーを出して速やかに出ます。もしタイミングを逸してしまった場合は無理をせずにもう1周しましょう。

横断歩道
Zebra Crossing

横断歩道 Zebra Crossingゼブラ・クロッシングとは、歩行者横断用の信号機が設置されていない横断歩道のことを言い、歩行者優先です。日本でも信号機のない横断歩道は歩行者優先とされていますが、英国ではより徹底されており、人が渡ろうとしている場合は必ず停車しなければなりません。ゼブラ・クロッシングの横には白黒の棒が立っていて、黄色のランプが点灯しています。また、ゼブラ・クロッシングの横断マークの手前には、運転者に前方に横断歩道があるという注意を促すために、車道の端にジグザグのラインが引かれています。

バス・レーンと自転車レーン
Bus Lane / Cycle Lane

バス・レーンは通常、左車線にあり、路上の色で区別されています。ラッシュ・アワー時には一般車の通行が規制されています。規制時間帯は標識に明記されていますが、それ以外の時間帯もバス・レーンは極力使わないほうが無難とされています。サイクリング・レーンもバス・レーンと同様、歩道の脇にラインが引かれていることもありますが、多くの場合は車両と共有します。車の合間を縫うような危険な運転をするサイクリストもいるので、接触しないよう注意が必要です。交差点などの停止線前に、自転車待機用のスペースが設けられていることもあります。

バス・レーンと自転車レーン

路上駐車
Street Parking

路上駐車ロンドン市内には路上駐車が多いと言われますが、建物が古く駐車施設のない建築が多いことが理由の一つと考えられます。ガレージのない家は常に住まいの近くの路上(右上のような標識があるところに限る)に車を駐車することになりますが、そのためにはお住まいの地区のカウンシルからレジデント・パーキング・パーミットを取得します。地区にもよりますが、3カ月から12カ月など、一定の期間分の支払いが可能。標識の下に「パーキング・サスペンション」という、日時を書いた黄色い札が貼られることがありますが、これは道路工事などで一時的に全車駐車禁止になるサイン。見逃すと駐車違反になり、罰金を請求されるので、駐車の際は注意が必要です。

 
  • Facebook

初めての治験はHMR
英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ