instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Thu, 20 February 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ビリー・アイリッシュが、「007」新作の主題歌を担当

先月18歳になったばかりの米シンガー、ビリー・アイリッシュが、今年4月3日公開予定の「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」 の主題歌をレコーディングをしたことが分かった。アイリッシュはシリーズ史上最年少のアーティストとなる。BBCが伝えた。

オンラインでの楽曲の発表、またインスタグラムへの気軽な投稿や目を引く独特なファッションなど、ビリー・アイリッシュはZ世代のアイコン的存在であり、世界中で熱狂的な人気を誇るアーティストだ。音楽は実兄のフィネアス・オコネルと共に制作している。

ボンド・シリーズのプロデューサーたちは、アイリッシュの曲を「人を動かす力がある」「エモーショナルな映画の中で、申し分なく生きる曲」と大絶賛。

もちろん当の本人もこの決定を「大変光栄です」と喜んでおり、「ジェームズ・ボンドは今までで一番クールな映画シリーズ。いまだに動揺しています」と率直な感想を述べた。

最近では英歌手のアデル「スカイフォール」、サム・スミス「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」が主題歌に起用され、共にアカデミー賞を受賞している。


 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ