instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Mon, 16 September 2019

サッカー選手の夫の浮気騒動で
歌手シェリル・コールさんが離婚へ

テレビにタブロイド紙にと、毎日のようにメディアに顔を出している歌手のシェリル・コールさん。彼女に関する世間の関心事に夫の浮気問題があったが、この度離婚する意向であることが発表された。今回は、某誌から「世界で最もセクシーな女性」に選ばれたこともある彼女の、夫との離別について取り上げる。

シェリル・コールさんプロフィール

シェリル・コール1983年6月30日、イングランド北東部ニューカッスル・アポン・タイン市に生まれる。現在26歳。犯罪と麻薬問題の温床と言われる同市内の公営住宅で育つ。父は塗装工、母は専業主婦で、生活は非常に苦しかったという。子供の頃から歌とダンスが好きで、テレビのダンス大会に出たり、子供対象のモデル・コンテストに応募するほか、テレビ・コマーシャルに出演したこともあった。

11歳の時、父と母が別れる。この際、父と母が実は結婚していなかったこと、2人の兄と姉は「父」の連れ子で、自分と血がつながっていないことを初めて知る(このほか、シェリルさんには実の弟が1人いる)。学業は振るわず、中学卒業後は、地元のカフェやナイトクラブで働いていた。

2002年、18歳で、新しいアイドル・グループのメンバーを選ぶ民放テレビITVのオーディション番組「Popstars: The Rivals」に応募。厳しい競争を勝ち抜き、女性グループ「ガールズ・アラウド」の5人のメンバーのうちの1人に選ばれる。ガールズ・アラウドは2003年5月のデビューから現在に至るまで、シングルを20曲連続でチャートの10位以内に送り込み(うち4曲はチャート1位を獲得)、2009年には「The Promise」でブリット・アワードの最優秀シングル賞を受賞するなど、大きな成功を収めている。

その一方でシェリルさんは2003年10月、ギルドフォード市のナイトクラブで、トイレ係の黒人女性を殴ったとして有罪判決を受け、120時間の公共奉仕活動と被害者への500ポンド(約7万円)の賠償金支払いを命じられるという経験もしている。この際、シェリルさんは、被害者に対して人種差別的な言葉を浴びせたとされたが、人種差別を動機とした暴行の容疑では無罪となった。

シェリル2006年7月、当時プレミア・リーグのアーセナルに所属していたサッカー選手、アシュリー・コールさんと結婚。その後2008年8月、ITVのオーディション番組「The X Factor」の審査員の一人に抜擢されたことをきっかけに、一躍国民的な大スターとなる。2009年秋、ソロ歌手としてデビュー。デビュー・シングル「Fight For This Love」、デビュー・アルバム「3 Words」が共にチャート1位を獲得する。ソロ歌手として米国進出の噂が飛び交う中、2010年2月、アシュリーさんと離婚する意向であることを発表した。

アシュリー・コールさん浮気騒動

1タブロイド紙2008年1月、ロンドン南部在住の美容師の女性(23)が、2007年12月にアシュリーさんと一夜を共にしたことをタブロイド紙に告白。女性は、ロンドン中心部のナイトクラブでアシュリーさんとその友人グループに初めて会い、一緒に酒を飲んだ後、ロンドン北部のアシュリーさんの友人宅に一緒に帰ったという。妻シェリルさんは数週間後、アシュリーさんを許すことを決意。離婚には至らなかった。

22010年2月、アシュリーさんが2009年6月、自分の裸の写真をモデルの女性(28)の携帯電話に送信したことが、女性自身によるタブロイド紙への告白で暴露される。アシュリーさんは、ペイ・アズ・ユー・ゴー式の電話でそれらの写真を自ら撮影したことは認めたが、電話は不要になったため友人に譲った後、更に別の人物の手に渡り、その人物が、データに残っていた写真を女性に送信したと主張した。しかし女性は、タブロイド紙に対し、アシュリーさんとその後、1カ月近くにわたって主にテキスト・メッセージで連絡し合い、お互いの裸の写真を送信し合うなどしたこと、アシュリーさんが女性に電話をかけ、サッカー試合の遠征先で落ち合うことを提案したことなども暴露した。

32010年2月、サッカーのプレミア・リーグ、リバプールで秘書として働いている女性(30)が、2008年後半に、アシュリーさんと2回セックスしたとタブロイド紙に告白。2回とも、場所は英国内のチェルシーの遠征先のホテルだったという。女性はまた、アシュリーさんが、300通以上のわいせつな内容のテキストを送信したことも暴露。アシュリーさんの裸の写真や、下着姿の写真なども送られてきたという。

42010年2月、 米シアトル市議会議員のアドバイザーである米国人女性(28)が2009年7月にアシュリーさんと一夜を共にしたことを暴露した。アシュリーさんは、遠征先のシアトル市内のバーで女性と知り合い、滞在先のホテルでセックスをした。数日後、女性の自宅に新聞記者が押しかけ、アシュリーさんとの関係について取材しようとしたため、女性は慌てて既に英国に帰国していたアシュリーさんに連絡。アシュリーさんは、女性と性交渉をしたことを隠したまま、チェルシーのメディア対応担当者に、マスコミへの対応方法を女性に指示させた。チェルシーは、嘘をつかれたまま情事の隠蔽に関与させられた事態を重くみており、アシュリーさんに何らかの形で処罰を科す見込みである。

52010年2月、モデルの女性(27)が、2004年10月にアシュリーさんとセックスしたことを暴露。当時、アシュリーさんはシェリルさんと交際を始めて間もない頃で、この女性を北ロンドンの自宅に連れ込んだ数時間前には、シェリルさんと共にイベントに出席し、初めて関係を公にしたばかりだった。

「The X Factor」の審査員抜擢で人気急上昇

女性歌手シェリル・コールさん(26)が先月末、夫のサッカー選手、アシュリー・コールさん(29)と離婚する意向を明らかにした。翌日の新聞は、タブロイド紙は勿論、高級紙までもがこのニュースを大々的に報じ、世間の注目の高さを伺わせた。

シェリルさんは2002年、アイドル・グループ「ガールズ・アラウド」のメンバーとしてデビュー。2008 年にITVのオーディション番組「The X Factor」の審査員に抜擢されたことで、知名度、人気共に急上昇した。以後、ソロ歌手としても成功し、最近ではマスコミから「国民の恋人」と呼ばれるまでになっている。しかし、そんな国民的大スターの名声に影を落としていたのが、夫の浮気問題であった。まず2008年初頭、タブロイド紙にアシュリーさんの浮気問題が暴露されるが、この際はシェリルさんが許して和解。しかし最近、また新たに浮気騒動が発覚したことで、シェリルさんが別れを決意し、今回の発表に至った。

ジョン・テリー浮気騒動との比較

これより少し前、アシュリーさんと同じくプレミア・リーグのチェルシー所属であるサッカー選手、ジョン・テリーさんの浮気騒動があった。しかしこの2つの件で、夫に裏切られた2人の妻たちが下した決断とメディアの意見は対照的だった。

夫が元チームメイトの元恋人と浮気したことが発覚した直後、テリーさんの妻は、新聞の取材に対し、「私たちの関係は絶対に壊れない」と述べ、離婚の可能性はないことを明確にした。このコメントを受け、俗に「ワグス(WAGs)」と呼ばれるサッカー選手の妻や恋人たちの多くがそうであるように、テリーさんの妻も、サッカー選手の伴侶であることで手に入る裕福な生活を維持したいがために、夫の浮気も我慢しているのであろうと指摘する声があった。

一方、シェリルさんについては、既に自身の力で経済力も名声も獲得しており、ワグスたちとは対照的な自立した女性なのだから、むしろもっと早くに夫を捨てるべきだったのに、と嘆く声が少なくなかった。また、「浮気男に耐える可哀相な妻」というイメージを捨てたことは、今後のキャリアにも良い影響を与えるはずであるとも言われた。

故ダイアナ妃に比肩する人気獲得か

しかしシェリルさんも、2006年の結婚当時は現在ほどの「経済力」も「名声」もなく、スターとしての地位は夫より低かった。それがこの2年ほどでの活躍で、収入面ではまだ劣るものの、人気と知名度では夫を凌ぐまでになった。このため、「シェリルさんも、もし夫の浮気発覚が結婚直後だったら、離婚に踏み切れなかったかもしれない。しかし、仕事で成功した今だからこそ、一人で再出発できる自信もついているのだろう」として、今回の離婚の決意を、貧困家庭出身の一人の女性が人生の成功をつかむまでの成長物語における象徴的なステップのように語る向きもある。

ともあれ、近い将来に米国進出を控えており、将来は、故ダイアナ妃にも劣らぬ国際的な人気を博するようになるのではと言われるシェリルさん。今後もタレント活動と私生活の両面で、世間の注目の的であり続けることは間違いないだろう。

WAGs

サッカー選手の妻または恋人の女性たちを総称してマスコミなどで使われる言葉。「Wives And Girlfriends」の頭文字を取っている。特に、高額な報酬を得ているプレミア・リーグのサッカー選手の妻または恋人で、夫またはボーイフレンドの財力によって高級ブランドに身を固め、豪勢な家で悠々自適な生活をする女性たちを指すことが多い。そのため、侮蔑的な意味が込められた言葉であると言える。2006年W杯では、普段は静かなバーデン・バーデンの街を着飾ったWAGsたちが集団で練り歩き、夜な夜な飲み明かす様子などが盛んに報道された。

(猫)

 
  • Facebook

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ